メインイメージ画像

増改築物件の注意点

貴方が不動産投資をするのであれば注意いておくべきなのが増改築をしている不動産です。自己所有の不動産を増改築するという投資方法に際しては、高さ制限等の規制に違反してしまう物件になってしまうケースが起こります。実際に入居して使っている時には問題がありませんが売る際に売ることが困難になってしまうということもあります。増改築の業者は法令に違反していても工事してしまう事が多いですので、自分で不動産の鑑定士等の専門知識のある人に増改築の予定を見てもらい、違反していないかチェックしてもらうと良いでしょう。増改築の際は多額費用がかかりますので、きちんとした確認をしておきいい家を手に入れられる様にしましょう。

私達が専門家に頼んで不動産の価値を調べる方法に不動産査定と鑑定があります。不動産会社がしてくれる査定はあくまでもサービスの無料査定がほぼです。鑑定となると不動産鑑定士がする特殊な物で費用もいります。それではどんなふうに使い分けると間違いないのでしょうか。例えば相続や裁判で交渉で利用する素材に匹敵するのは鑑定書類です。

公の機関へ渡せるほどの細かさと不動産価格への具体的理由が考慮されています。それに対し、おおまかにいくら程度と企業別に教えてくれるのが査定です。おおまかに知りたい場合などは査定で問題ないと思います。何者かの会社へ査定を依頼して出された金額に合わせて取り引きする先を決める場合などに使用します。