メインイメージ画像

不動産投資の安定

預金や収入の投資先を検討する時、不動産投資はほぼ安定的だと聞きますが、手取り利回りは5%程度と株やFXに比べて劣っているような感覚になるでしょう。では不動産投資をする利点はどこにあるのでしょう。確かにFXや株は時に大きな収益を生み出す事もあります。でも長期視点で安定志向という目的を考えるとそれらは必ずしも良いとはいえなくなります。株などは収益が大きい分リスクも同じくあります。将来的に人口が下降しない都市の物件を購入すると株のように財産価値が暴落することもないのです。

さらにローンを利用すれば保険があるため、もし返済できなくなったときも保険が返済してくれます。これは株等にはない安心です。

オーナーがアパート経営をスタートする時、所有している不動産判定はどの程度かを先に思うでしょう。一般に賃貸用物件は土地部分とその上の建物はそれぞれ独立した資産として新たに評価金額が算出されます。しかし不動産鑑定の時は異なります。

賃貸されている物件と土地を一緒の資産として評価されてゆきます。その時は、敷地物件の所有者が同一人物であり、なおかつ建物が賃貸に出されている場合において適応されます。そして不動産鑑定評価では、賃貸されている物件は通常、土地も同一としての賃料収入に基づいた金額を割り出します。理由は貸出人は主に賃貸収入を得る事をゴールとした投資家とみなされるからです。確かに賃貸からの収益性が最も着目されるのは納得ですね。